懸賞生活を通して感じたこと

 

こんにちわ、とっとです!

 

昨日ついに1日5応募×20日の生活が終わり解放されましたww

 

思っていたより大変でしたし感じたことがいろいろありましたので報告させていただきます

 

 

 

①時間がかかる

 

応募するだけなので簡単ですぐ終わる作業かと思ったのですが意外と時間がかかります

 

住所や電話番号などの必要事項の記入は当たり前でそれにプラス数十問にわたるアンケートやその企業のホームページをよく読まないとわからないような歴史や知識に関するクイズなどがあります

 

無料でプレゼントをする代わりに企業側が要求するものは当然あります、単なる応募だけはあんまりありませんでした

 

そういうこともあって1つ応募するのに5分から10分くらいかかりました

 

 

 

②飲料系の懸賞がおすすめ 

 

①で時間がかかると言いましたが楽なのもありました

 

それが飲料系に関するTwitterの懸賞です

 

流れとしては企業の公式Twitterアカウントをフォロー→企業が懸賞に関するツイートをしているのでそれをリツイートor指定のハッシュタグや対象内容をツイートだけです

 

また特にあさひやキリンのTwitter懸賞はよくやっており内容も1ケースを100名で充実しているので公式アカウントをフォローすることをおすすめします

 

 

 

➂当選者発表について

 

今までの記事を見たらわかると思いますが当選者の発表は賞品の発送かメール(TwitterだとDM)で連絡でした

 

割合は発送:連絡=7:3くらいな感じでした

 

即時抽選以外のほぼ全ての懸賞についていえたことは落選通知がないことです

 

当選者のみが発送、連絡があるので落選者は発送時期を過ぎてようやくわかるようになります

 

何万というレベルでの応募なので企業が一人一人の落選者に連絡するのはめんどくさいので当たり前ですよね

 

落選通知が来る代わりに別の懸賞やキャンペーン情報のメールがたくさん来ます

 

懸賞目的でやってる僕にとってはその通知は必要ないので配信停止にしたいのですがそれをするともし当選したときの連絡通知も来なくなるのでできないです

 

よく使うメールアドレスで応募するのは避けた方がいいかもしれません

 

 

 

以上になります。

 

今後の懸賞ですが当選結果が6月末にならないとわからないのでまずは結果を待ちます

 

当選が多かったらまた7月以降にチャレンジする予定です 

 

 

 

 

 

↓クリックお願いします! 

大学生日記ブログはこちら

 

よかったらフォローお願いします!

とっと大学生@はてなブログ (@tottodaigakusei) | Twitter