とっと大学生の挑戦

がんばれ俺www

お金をかけずに梅雨のジメジメを対策する方法

 

こんばんわ、とっとです!!

 

ここ数日間暑くてジメジメする日が続いてます

 

梅雨の雨と夏の快晴が入り混じってる嫌な時期ですねww、

 

九州や四国、北陸の一部の地域では記録的な大雨が起きたそうで非常に不安定な気候です

 

僕は勉強するうえで気候というもの非常に重要な要素で涼しくて気持ちがいいww風を好みます

 

なので今は正反対の環境なのでやる気、集中力がなくて困っています

 

どんな環境に対しても勉強、作業ができるのが理想だし優れた人だと思いますが僕はこの領域には至れないので調べたり自分なりに考えたこの時期の対策、ジメジメ対策を考えてみました

 

エアコンや除湿器を使うのは簡単ですが電気代がかかるのでお金を使わない方法だけを取り上げました

 

 

 

〇換気

 

最も簡単でありかつまずやることが換気です

 

雨が降っているときはより湿気てしまうので良くないですが晴れる時間帯もあるのでそのときに窓を開けてしっかり換気しましょう

 

また窓を二か所以上を開けることで空気の流れを作って換気することが重要です

 

 

 

〇氷ペットボトル

 

①いらないペットボトルを用意します(2Lのような大きめがいい)

 

②ペットボトルに7~8分目水を入れ冷凍庫で凍らせておきます

 

③大きめの皿、容器に凍らせたペットボトルを置いて完成

 

ペットボトルの周囲の空気が冷やされることで空気中の湿気をペットボトルの表面に集めさせる仕組みとなっています(中学理科の応用ですねww)

 

ちょっと手間がかかりますが湿気が取れ冷却効果もあるので一石二鳥でお得です!

 

 

 

〇新聞紙

 

新聞紙の原料はほとんどが古紙でできていますが元は木材の繊維でできておりその繊維に含まれるセルロースによって吸水性が高いです

 

この新聞紙の性質を利用して空気中の湿気を取り除きます

 

湿気の多いところ(例:ベッドの下、洗濯物のそば)に置けばより効果が期待できます

 

もう一つコツとして新聞紙をくしゃくしゃに丸めます

 

新聞紙をそのままの状態で置いておくと床に接している面が空気中に触れないので吸収効果が半減します

 

くしゃくしゃにすることでなるべく床と接しない部分を作り空気に面を触れさせるようにしましょう

 

ただずっと新聞紙を放置しておくのはカビ発生の原因につながるのでこまめに取り換えることが必要です

 

当然ですが使わない新聞紙を使いましょうww

 

 

 

以上です

 

ジメジメを一緒に乗り越えましょうwww

 

 

 

↓クリックお願いします! 

大学生日記ブログはこちら

 

よかったらフォローお願いします!

とっと大学生@はてなブログ (@tottodaigakusei) | Twitter