ヒモにとってホワイトデーは重大イベントである

スポンサーリンク

 

こんばんわ、とっとです。

 

みなさんはホワイトデーの準備はされてますか?

そもそもバレンタインデーで何ももらってない方は気にせずスルーしましょう。

 

バレンタインのチョコを貰ったお返しとしてチョコや相手が欲しそうなものをプレゼントするイベント。

たかだか数百円のチョコを溶かして、ちょっとなんか混ぜて固める。

正直手作りより買ったもののほうがおいしいが、そんなこと相手に言えるわけがない。

愛情がこもってるとしましょう。これ以上言うと女性たちに嫌われる(もう遅い)

手作りチョコのバックグラウンドは相手のために時間をかけて手間をかけてつくったものであり、考えるだけでもグッとくる。味よりも気持ちだ(話が急展開)

そのチョコを貰える男というのはそれだけ思いがあり、恋人にしたい存在である。

ヒモは自分を魅力のある存在にさせる能力がたけてないといけない。

自分に磨きに努力する必要がありますね。

 

ただ

 

 

 

ただ

 

 

 

ただ

 

 

チョコを貰うだけでは終わらないのが現実世界だ。

 

「(男)わー!ありがとー!!!」だけでは許されない。

 

2月下旬くらいだろうか。

「(女)ホワイトデーよろしく」

「(男)、、、。」

 

女はイベント事が好きなので、ましてやプレゼントがもらえるので、ホワイトデーを忘れるわけがない。

ここから男たちは必死に考える日々が続く。

 

そこらへんに売ってるチョコだけでは許されない。バレンタインデーにかかった費用より安いと、ぼこぼこにされる。

 

ネットで検索しても花、ハンカチ、服、ネックレスのような誰でも思いつくようなプレゼントばかり。さらに、なんでこんな商品がランキング一位なのか疑問に思うことが多々ある。ネットのランキングと実際のランキングは違うということを実感する瞬間でもある。ネット社会の情報戦は怖いものだ。また高いものを買って気に入ってもらえなかったらつらい。

 

相手に直接何が欲しいのか聞くのが手っ取り早いが要求するものが高く、たいていブランドものだ。スーパーのチョコがブランドと釣り合うのだろうか。釣り合わない。

また聞いた場合、「(女)え?言わないと私の欲しいものすらわかんないの?(怒)」ってパターンになり、ぼこぼこにされる可能性もある。

恐ろしいイベントだ。こわわ

 

一番の策は一緒にショッピングモールへ行き、相手の目が留まるものを確認することである。

アパレルショップによく立ち寄るなら服をプレゼント、雑貨によく立ち寄るならもちろん雑貨、旅行会社のパンフレットに手を取るようなら値は張るが予約チケットを渡せば最高の笑顔が見れるだろう。

ディズニーランドという手もあるがホワイトデーにはもったいない。誕生日プレゼントに取っておこう。

 

 正直ホワイトデーについて考えすぎなとっとである。お返しのいらない本当にいい女もいる。是非そんな方と出会いたいものだ。

ただヒモの夢をかなえるために今できることは、このホワイトデーを成功させて女の気持ちを引き付けることである。日常生活の中で突然プレゼントは違和感あるので、このイベントを活用していきたい。

夢を現実に。

 

応援してくれる方無料スターお願いしますw

以上です。お疲れさまでした。

 

 

 

 

今週のお題「ホワイトデー」