絶対おすすめできる予算2万円で大阪発の青春18きっぷ横浜東京旅行を大公開!

スポンサーリンク

 

旅行モデルコース第一弾です。

 

みなさん旅行は楽しんでますか?

 

特に長期休暇で時間がある大学生!旅行してますか??

 

旅行はお金非常にかかるので多少抵抗はあるかもしれませんが、旅行でしか得られない学び、体験、思い出は貴重なものとなります。

 

旅行計画立てるのも楽しいです。

 

しかし、実際やってみるとかなり大変です。

 

旅行雑誌やネットで検索すると「〇〇観光10選」のような記事ばかりで実際なにがおすすめでどう回ったらいいのかわかりません。

 

情報がたくさんある分厳選していくのが難しいのが現状です。

 

ということで今回はとっとが青春18きっぷを使って名古屋から横浜東京旅行の

実際に行った旅行を大公開します。

 

完全にプライベートで立てた計画であり横浜は初めて、東京もまともに観光したことがなかったので、疑問な点はあると思います。

 

参考程度でご覧ください。

 

*この旅行は、実際は名古屋発から横浜東京旅行をしましたが、大阪発でも十分実現可能と考えたので大阪verを載せました。

 

 

 

 

まずは18きっぷについて簡単に説明します。

 

 

 青春18きっぷとは

 

・JR線の普通・快速列車の普通車に自由に乗り降りできるきっぷ

・1回分につき1日利用可能

・5回分11850円で販売

・18きっぷと記載されているが使用年齢制限はなし(子どもも同料金なので損になる可能性高い)

 ・期間限定

春:2018年3月1日~2018年4月10日

夏:2018年7月20日~2018年9月10日

冬:2018年12月10日~2019年1月10日

 

 

 

1つのきっぷに日付のスタンプ形式を押して出入りするので切り離しが不可能です。

なので今回のように往復の2回分だけ欲しいかたは5回分を使用して金券ショップやヤフオク・メルカリで売るか、2回分を金券ショップ、ヤフオク・メルカリで購入するかになります。

 

 

 

 

 

 

また今回は2泊3日旅行で初日3日目は18きっぷで移動しますが、2日目は「都営まるごときっぷ」と呼ばれる一日乗車券を利用します。乗車券使って交通費をケチりまくってますが許してください。

 

 

都営まるごときっぷとは

都営地下鉄、都バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーを一日限りで何度でも乗り降り可能。

大人700円/小児350円

 

 

 

 

 

 

さあ準備はそろいました。

 

今回の旅行のテーマは

 

〇交通費食費宿泊費込々の予算2万円という超激安旅行

 

〇横浜(中華街、みなとみらい)と東京(浅草、お台場、原宿、東京スカイツリー、東京タワーなど)の定番中の定番を一気に観光

 

〇食べ歩きが多く街並みの雰囲気もたくさん味わえる

 

 〇行ったり来たりがないので最高率で観光

 

 

 

 

では行きましょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

初日

 

8時45分:出発

例)大阪駅5:16発→関内駅14:29着

(大阪駅→京都駅→米原駅→豊橋駅→浜松駅→静岡駅→熱海駅→横浜駅→関内駅)

〇関内駅→(徒歩15分)→横浜中華街

 

↓徒歩ルート

 

 

14時半~16時半中華街食べ歩き

f:id:tottodaigakusei:20180315222742j:image

 

おすすめ食べ歩きコース

中華街大飯店「北京ダック1個250円」

北京ダック初体験しました。

江戸清「1個500円」

中華街の食べ歩きといえば肉まんのイメージだったので行きました。下調べで一番有名で実際かなりの行列でした。

f:id:tottodaigakusei:20180315223544j:image

紅綿「エッグタルト1個160円」

かなり行列ができて整理券を配布して30分以上は待ちました。

f:id:tottodaigakusei:20180315222756j:image

謝朋酒樓「あげUFO1個300円」

野菜がたくさんつまった春巻きのような感じでした。

 

 

↓徒歩ルートコース

 

 

 

移動

〇横浜中華街(謝朋酒樓)→(徒歩6分)→みなとみらい(山下公園)

 

 

 

16時半~19時半:みなとみらい観光

f:id:tottodaigakusei:20180315222820j:image

 

おすすめ観光モデルコース

 山下公園

横浜デートの定番中の定番。海の眺めがきれいでした。

ドラマの撮影スポットとしても有名。


大さん橋

大型客船ターミナル。景色が半端なくきれい。

赤レンガ倉庫

これも定番中の定番観光スポット。暗くなった時の赤レンガ倉庫のライトアップがきれいでした。

f:id:tottodaigakusei:20180315222851j:image

横浜ワールドポーターズ

珍しい雑貨屋が多い印象でした。

汽車道

鉄道のレールが敷いてある道。特になにかあるわけではないですがせっかくなので通りましょう。

横浜ランドマークタワー

 横浜のシンボル的な存在。

 

 

下に徒歩ルートを載せます。

みなとみらいの各施設を順番に回れ、次の移動乗り場の桜木町駅まで効率的に移動できます。

 

 

19時半~21時:移動

〇 桜木町駅→(JR京浜東北・根岸線54分)→上野駅

〇上野駅→(徒歩20分)→浅草駅周辺ホテル

*交通費より時間優先の方は170円料金を支払って上野駅→(東京メトロ銀座線5分)→浅草駅(東京メトロ線は18きっぷ使用不可)をご利用ください。

 

 

 

21時~浅草ホテル宿泊

*翌日浅草寺に行くのでその周辺がベスト

 

 

 

 

 

 

 

2日目

 

8時半:出発

浅草周辺ホテル→(徒歩数分)→浅草寺

 

 

 

8時半~9時半浅草観光、食べ歩き

*食べ歩きが朝食になります。

f:id:tottodaigakusei:20180315222946j:image

 

 

おすすめ食べ歩きコース

きびだんごあづま「1人前5本330円」

テレビでもよく紹介されてるきびだんご。きなこ味で普通においしかった。行列店なので注意。

f:id:tottodaigakusei:20180315223013j:image

九重「あげまん1個120円」

これもよく紹介されていたので食べました。

花月堂「メロンパン1個200円」

大きいメロンパン。意外かもしれないがこの旅行で一番おいしかった。外はカリカリ中身はふんわり。次回東京行くときは絶対食べることを決意。 

 

 

↓食べ歩きのルート(雷門から出発)

 

 

 

9時半~10時:移動

都営まるごときっぷ購入:700円

1、電車で移動したい方

〇浅草寺→(徒歩7分)→浅草駅

〇浅草駅→(都営浅草線3分)→押上駅

〇押上駅→(徒歩3分)→東京スカイツリー

2、徒歩で東京の街並みを楽しみたい方

〇浅草寺→(徒歩21分)→東京スカイツリー

 

とっとは歩きました。徐々にスカイツリーが大きくなるので近づくたびに写真を撮りましたw

f:id:tottodaigakusei:20180315223051j:image

f:id:tottodaigakusei:20180315223103j:image

 

 

10時~11時:東京スカイツリー観光

f:id:tottodaigakusei:20180315223037j:image

料金

〇天望デッキ

大人(18歳以上):2060円

高校生/中学生(12-17歳):1540円

小学生(6-11歳):930円

幼児(4-5歳):620円

 〇天望回廊

大人(18歳以上):2060円

高校生/中学生(12-17歳):1540円

小学生(6-11歳):930円

幼児(4-5歳):620円

(引用:公式サイト)

 

www.tokyo-skytree.jp

 

 

 

11時~12時:移動

〇東京スカイツリー→(徒歩3分)→押上駅

〇押上駅→(都営浅草線4分)→蔵前駅→(都営大江戸線9分)→門前仲町駅

〇門前仲町駅→(海01都バス34分)→東京テレポート駅前

 

 

 

 12時~15時:お台場観光

 

 おすすめ観光モデルコース

 

ダイバーシティ東京

フードコート内の田中商店で豚骨ラーメン(820円)を食べました。

フジテレビ

お台場の超定番観光名所。

f:id:tottodaigakusei:20180315223137j:image

デックス東京ビーチ

自由の女神像が見えるので写真撮影

f:id:tottodaigakusei:20180315223151j:image

お台場海浜公園

f:id:tottodaigakusei:20180315223207j:image

 

↓観光ルートコース

 

 

 

16時~17時:移動

〇東京テレポート駅前→(海01都バス34分)→門前仲町駅

〇門前仲町駅→(都営大江戸線15分)→赤羽橋駅

〇赤羽橋駅→(徒歩5分)→東京タワー

 

 

 

17時~18時:東京タワー観光

f:id:tottodaigakusei:20180315223224j:image

料金

〇メインデッキ(150m)

大人(高校生以上):900円

子ども(小中学生):500円

幼児(4歳以上):400円

 〇トップデッキツアー(150m+250m)

大人(高校生以上):2800円

子ども(小中学生):1800円

幼児(4歳以上):1200円

*トップデッキツアーの料金にはメインデッキ入場料を含む

*トップデッキツアーに入場するにはトップデッキツアーの参加が必須

(引用:公式サイト)

 

www.tokyotower.co.jp

 

 

 

18時~18時半:移動

〇東京タワー→(徒歩5分)→赤羽橋駅

〇赤羽橋→(都営大江戸線3分)→六本木駅

 

 

 

18時半~19時半:六本木観光

 

f:id:tottodaigakusei:20180315223242j:image

 

テレビ好きなのでテレ朝も観光(日時がばれるw)

f:id:tottodaigakusei:20180315223254j:image

 

 

19時半~20時:移動

〇六本木駅→(都営大江戸線11分)→都庁前駅

 都庁駅前→(徒歩3分)→東京都庁

 

 

 

20時~20時半:都庁展望室

地上202メートルの高さから東京の街を一望できます。入場料は無料です。

 

開室時間
9時半~23時
*入室締切は、22時半)

f:id:tottodaigakusei:20180315223405j:image

ガラス越しなので映りが、、、

 

 

 

 

 

20時半~21時:移動

〇東京都庁→(徒歩12分)→新宿駅

*都庁前駅→(都営大江戸線2分) →新宿駅の電車も乗れるが一駅なので歩いたほうが効率的

 

 

 

21時~21時半:新宿で夕食

*とっとは新宿のマックで食べましたw

 

 

 

21時半~:新宿ホテル宿泊

 

3日目は移動が大変なのしっかり睡眠をとりましょう。

 

 

 

 

 

 

3日目

 

新宿ホテルで朝食バイキング

ホテル予約時に1000円ほど追加でバイキングがつくので食べました。

 

 

 

10時:出発

忘れ物はないように。。。

 

 

10時~10時半:移動

新宿駅→(JR山手線5分)→原宿駅

*青春18きっぷを使用 

 

 

 

10時半~13時半:原宿観光、食べ歩き

f:id:tottodaigakusei:20180315230900j:image

*店舗の開店時間が11時以降が多かったので遅めのホテルチェックアウト時間になります。

  

おすすめの観光モデルコース

トッティキャンデイファクトリー「綿菓子600円」

原宿でかなり話題だったので予定通り購入

f:id:tottodaigakusei:20180315223503j:image

カルビーアンテナショップ

表参道ヒルズ

ラフォーレ原宿

 

*これらの店をルートの基準にして後は自由に観光

 

 

↓徒歩ルートコース(原宿駅→トッティキャンデイファクトリー→カルビーアンテナショップ→表参道ヒルズ→ラフォーレ原宿) 

 

 

 

13時半~14時:移動

原宿駅→(JR山手線2分)→代々木駅→(JR中央総武線12分)→水道橋駅

水道橋駅→(徒歩4分)→東京ドームシティ

 

 

 

14時~14時半:東京ドームシティ観光

f:id:tottodaigakusei:20180315231054j:image

 

 

14時半~:移動

東京ドームシティ→(徒歩4分)→水道橋駅

例)水道橋駅14:29発→大阪駅23:37着

(水道橋駅→御茶ノ水駅→東京駅→熱海駅→静岡駅→浜松駅→豊橋駅→米原駅→大阪駅)

 *途中の東京駅で一回下車し東京土産を購入しました。

 

 

まとめ 

 費用 

〇交通費:5440円

青春18きっぷ2回分:4740円

*5回券11850円を1回分2370円として計算

都営まるごときっぷ:700円

〇宿泊費:6000円

新宿1泊3000円、浅草1泊3000円

 〇食費:7000円

初日(横浜中華街食べ歩き)

2日目(浅草食べ歩き、お台場ラーメン、マック)

3日目(新宿ホテルモーニング、原宿食べ歩き)

*上記で記した実際に食べたものを計算

〇合計金額 :18440円

 

 

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

横浜東京旅行に行く予定あるものの計画を全く立ててない方は、これらと丸々同じように観光することもありですし、浅草食べ歩きだけ参考にするパターンもありです。

 

とっとはこのような旅行計画を立てるのも含めて旅行が大好きです。

 

また、計画はうまくいかないことも多々あり、逆に旅行雑誌には全然載ってなかった飲食店が大行列ができてたりと楽しめます。

 

今回は横浜東京旅行第一弾として作成しましたが、時間の関係で回り切れなかったとこも含めたリベンジ東京旅行第二弾も実行しました。(後日投稿予定)

 

 

 

旅行計画にあたって情報源になったのは下の雑誌になります。ネットの情報も簡単に手に入りますが雑誌のほうが情報量も多く、モデルコースもあるので勉強になりました。