本当に成績が上がるおすすめ数学参考書、問題集と選び方

スポンサーリンク

 
 
こんばんわ、とっとです。
今回は大学受験数学における参考書、問題集選びの注意点とおすすめ問題集を紹介していきます。 
 
 
目次
 

参考書・問題集選びの注意点

 

初心者向けの参考書には手を出すな

数学が苦手な人は入門向けの参考書に手を出しがちです。もちろん当然の考えではあるが効率的ではありません。なぜなら入門書をこなす時間がもったいないからである。
受験までの勉強期間は限りがあります。科目も数学だけでなく英単語、英語長文読解演習や理科、社会の暗記科目をバランスよくこなしていかないといけません。
さらに、みなさんが志望する大学はその入門書のレベルだけでは合格水準に達することができません。それよりも下で紹介するチャートを解く時間に費やすべきです。
どうしても数学がわからないときは教科書を読み直すか先生に聞くことをおすすめします。
 
 
 

参考書、問題集を買いすぎない

参考書は一冊こなすだけでも最低100時間はかかります。なので買うにはそれをこなす分の時間がしっかり確保できるか考えなければいけません。
そうでないと中途半端に終わります。
特に受験直前期になると今の問題集では足りないのではないかと思い、新しく購入したくなりますが、それは逆効果です。
今ある参考書をしっかりやりましょう。
 
 
 
 
 
次におすすめの問題集を紹介します。
 
 
では行きましょう! 
 
 
 
 

おすすめ網羅系問題集

 

チャート式 

文系・理系問わず必須の参考書です。
この参考書は有名なので配布された学校も多いです。
教科書で公式を覚えた後、チャートでどういう場面でこの公式が使われているのかを勉強します。勉強するよりも暗記するといったほうが適切かもしれません。
いかに公式・定理を使いこなせるかが数学の点数に直結するので、その使い方を最低限かつ充実した解説になっているのがこのチャートです。
ただ一冊が厚い上に挫折率も高いので、例題だけをしっかり何度も解きなおしましょう。
またチャートシリーズは色別に難易度が分かれていますが全然気にしなくていいです。
学校で白色が配られたなら白色を使い続け、難関大学志望だから青色に変える必要はないです。
 
Point!
・解説が詳しい
・公式・定理を問題で使う場面がわかる
・例題のみで十分
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1対1対応の演習

チャートよりも少し難易度が上がった問題集。
同様に各単元の厳選された良問で解法パターンを学ぶことができます。
解説が詳しいので独学向きです。
また図を使った考えで解く問題も多く参考になります。
ここまでこなせば十分数学の実力はあります。
この問題集は例題と演習問題で1セットになってますが例題だけで十分です。
 
 
Point!
解説が詳しい
ここまで解けば旧帝早慶合格圏内レベル
 
 
 
 
 

新数学スタンダード演習

チャート、1対1対応の演習までこなせば解法パターンは十分にあると言えます。
これまで覚えた解法が定着しているかの確認と入試本番の演習に向いてます。
ここまで解けば模試や入試では解いたことある問題に多く遭遇するようになるので、安定して高得点が取れるようになります。
 
Point!
・難関大学受験志望の方はおすすめ
・ここまで解けば模試・入試で満点取れる
 
 
 
 
 
 
 
 
 

おすすめ単元別対策問題集

 

微分積分: 微積分基礎の極意

数Ⅲまで受験に必要な人におすすめ。
logx,1/sinx,1/(sinx)^2,tanx,1/tanxのようなよく見かけるが工夫が必要な積分計算の総整理ができたり、大学レベルの内容だが知っておくと絶対得する手筋集が200個もあります。
有名問題、典型問題も十分ありこれをやれば微積分は得意分野になれます。
 
 
 
 

整数 :マスター・オブ整数

高校数学の範囲外ではあるが、受験にかなり役立つ合同式の考えかたを学ぶことができます
それ以外にも式変形の工夫や不定方程式の範囲のしぼりかたをたくさん演習できます。
整数問題は演習不足になりがちであるが入試ではよく出るのでこの問題集はおすすめです。 
 
 
 
 

確率 :解法の探求・確率

確率もどの大学も頻出問題であるが苦手意識をもつ受験生は多いです。
この問題集はひたすら問題を解いて解説するよりは、テーマごとに説明、背景を話しながら途中に例題を入れて、こういう解法を適用すればいいと理解が深まります。
確率は覚える公式はほとんどないので、こういう考え方をしっかり学ぶことをおすすめします。 
 
 
 
以上がおすすめ参考書になります。
チャート系の網羅系問題集は必ずこなし、あとは受験までの残り時間や志望大学の頻出問題を考えながら自分にとって必要な参考書を購入してください。
 
 
 
 
 こちらの記事もあわせてどうぞ