Amazonプライムビデオで視聴できるおすすめどんでん返し映画6選!

スポンサーリンク

 

こんばんわ、とっとです。

 

みなさん映画は好きですか?

 

とっとはAmazonプライム会員で、特典でAmazonプライムビデオが無料で使えます。

 

プライムビデオには映画、ドラマ、アニメ、バラエティー番組などと多岐にわたってものすごい数の作品が視聴できます。

 

ということで今回はAmazonプライムビデオ映画の中で個人的に好きなジャンル「どんでん返し映画」を紹介します。

 

 

 

 

 

 目次

 

 

 

カラスの親指 

 (↑この画像をクリックすると再生ページが開きます)

 悲しい過去を背負ったままサギ師になったタケ(阿部寛)と、成り行きでコンビを組むことになった新米サギ師のテツ(村上ショージ)。そんな2人の元に、ある日ひょんなことから河合やひろ(石原さとみ)と河合まひろ(能年玲奈)の美人姉妹、それにノッポの石屋貫太郎(小柳友)を加えた3人の若者が転がり込んでくる。これをきっかけに始まる他人同士のちょっと奇妙な共同生活。やがて、タケが過去に起こしたある事件が、彼らを一世一代の大勝負へ導くことになるが、この時は誰一人、それを知る由もなかった…。社会のどん底で生きてきた5人の一発逆転劇。そして驚愕の真実が明かされる…。

 

詐欺師の復讐映画かと思いきや最後の20分で全く別の意味を持ち始め、アットホームな物語に変わるのが非常に面白かったです。

 

また映画のタイトル「カラスの親指」の意味も最後にはわかります。

 

村上ショージの演技が不思議な存在感を与えてくれていいキャスティングでした。

 

石原さとみの短髪は可愛かった。 

 

 

 

 

 

 

 

 アヒルと鴨のコインロッカー 

 (↑この画像をクリックすると再生ページが開きます)

 大学入学のために単身仙台に引っ越してきた19歳の椎名(濱田岳)はアパートに引っ越してきたその日、奇妙な隣人・河崎(瑛太)に出会う。彼は初対面だというのにいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的はたった一冊の広辞苑。そして彼は2年前に起こった、彼の元カノの琴美(関めぐみ)とブータン人留学生と美人ペットショップ店長・麗子(大塚寧々)にまつわる出来事を語りだす。過去の物語と現在の物語が交錯する中、すべてが明らかになった時、椎名が見たおかしくて切ない真実とは・・・。

 

 伊坂幸太郎の小説原作の映画。

 

 最初は本屋で広辞苑を盗む不思議なストーリーでしたが、後半のどんでん返しで思いのほか切ない物語に変わります。

 

濱田岳、瑛太、松田龍平と豪華キャストが演じるので引き込まれます。

 

 

 

 

 

 

 悪夢のエレベーター

 (↑この画像をクリックすると再生ページが開きます)

エレベーターに閉じ込められてしまった何だかワケあり気な男女4人。助けを呼ぶ手段のない非常事態。絶対関わりたくないメンバー同士がエレベーターに閉じ込められた。しかし、なぜかお互いの秘密を暴露しあっていくことに!?そして、閉ざされた空間の中、ある“謎”に気が付いたとき、遂に悪夢のような事件が起きる!しかし、扉の外では更なる悪夢が待ち受けていることを、誰も知る由はなかった――。

 

 

 前半はエレベーター内でゆっくりと展開していくが、後半になると急展開が何度も起こり最後まで見逃せないような作品になってます。

 

見始めは斎藤工が主役だと思ったが、、、

 

管理人がちょっとグロかったのでホラー要素もありました。

 

 

 

 

 

 

 サマータイムマシンブルース

 (↑この画像をクリックすると再生ページが開きます)

とある大学の夏休み。「SF研究会」は不可思議な連続トラブルのあげく、クーラーのリモコンを壊してしまう。
翌日、クーラーのつかない灼熱のSF研究室に突如現れたタイムマシン! 「未来?過去?いつに行く!?」
軽いノリで壊れる前のリモコンを取りに<昨日>にタイムスリップ! しかし、彼らは事の重大さに気がついた。
もしかすると「過去を変えると未来がかわる?」・・・・・・!
SFをまったく理解しないSF研のメンバーが引き起こすタイムパラドックス・トラブルのドミノ倒し!
たった1個のリモコンのために、すべてが消滅してしまうのか!? 

 

男子校のノリみたいな感じで終始ふざけあってるのが印象的でした。

 

タイムマシン系の映画は過去に戻ると未来が変わりますが、この映画ではすでに過去に戻って現在が変えられている状態でストーリーが展開しています。

 

最初は見ていてなにも感じませんが後半では伏線もしっかり回収し矛盾の生じないので完成度がかなり高いです。

 

絶対に一度は見返します。

 

またキャストが瑛太、真木よう子、上野樹里と豪華で全員若いのも見どころです。 

 

 

 

 

 

 

 鍵泥棒のメソッド  

 (↑この画像をクリックすると再生ページが開きます)

銭湯で転倒し頭を強打。記憶を失った羽振りのいい男。居合わせた売れない貧乏役者・桜井は、出来心からロッカーの鍵をすり替え、彼になりすます。が、その男はなんと誰も顔を見たことない伝説の殺し屋コンドウだった!桜井は男にきた大金の絡んだ危ない依頼を受けてしまい、大ピンチに。一方、記憶を失い、自分を桜井だと思い込んでいるコンドウは、真面目に努力して、役者として成功する事を目指し始めてしまう。そんなコンドウの姿に好感を覚えた婚活中の女性編集長・香苗は、なんと彼に逆プロポーズ!失われた記憶、大金の在りか、そして結婚の行方――複雑に絡み合った事態の行く末には、、、

 

この映画は人が入れ替わるとどんでん返しを組み合わせた作品です。

 

前に紹介した「アフタースクール」やどんでん返しで有名な「運命じゃない人」と同じ監督が作っています。

 

香川照之の記憶喪失前後での表情の変化の演技が素晴らしい一方で、最初の銭湯の石鹸を踏んで滑ったシーンは面白かったです。 

 

 

 

 

 

 

 アフタースクール

 (↑この画像をクリックすると再生ページが開きます)

 母校の中学校で働く人のよい教師・神野(大泉洋)の元に、かつての同級生だと名乗る怪しい探偵・北沢(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。
北沢は神野の親友で同じく同級生、現在は一流企業に勤めるサラリーマン・木村(堺雅人)の行方を追っていた。
心ならずも神野は木村探しに巻き込まれてしまう・・・。人を疑うことを知らない男と、人の裏側ばかりを見てきた男。
ちぐはぐコンビの捜査活動から、神野の知らなかった、友人・木村の一面が次々と明らかになり、物語は思いもよらぬ方向へと向かっていく・・・

 

最初はゆるい探偵映画のような感じがして正直退屈でしたが、後半での急展開に驚きます。

 

日本のどんでん返し映画の代表作と言えます。

 

ネットの評価も非常にいいのでまだ見てない方は是非おすすめします。 

 

 

 

 

 

 

 

以上が現在プライム会員が視聴できるどんでん返し映画となっております。

 

プライムビデオの映画は定期的に更新するので、紹介した作品をまだ見てない方は是非見てみてください。

 

そして、どんでん返し映画ならではのハラハラドキドキを味わってください。

 

お疲れさまでしたー!!