本当に成績が上がるおすすめ物理参考書、問題集5選と注意点

スポンサーリンク

 
こんばんわ、とっとです。
 
今回は大学受験物理における参考書、問題集選びの注意点とおすすめ問題集を紹介していきます。 
 
 
 
 
目次
 
 
 
 
 
 
 

参考書・問題集選びの注意点

センター試験のみ受験する方について

センター試験で理科が必要な大学は文系理系問わずたくさんあります。
理科は物理のほかに化学、生物、地学と4つの選択肢から1、2科目選びます。
どの科目を受験するのか決めるのはかなり重要です。
物理を受験したとっとが言えることは、センター試験のみ理科が必要な人は物理を選択しないことを強くおすすめします。
物理は覚える公式は少ない分、問題で問われている状況、現象をしっかり考える必要があります。
つまり物理現象の本質的な理解が必要で、入門書、基本問題集では学力は伸びません。理解してない人は全然解けなく、理解している人は毎回満点取れるような格差がある科目なのでセンター試験だけ受験する方にはコスパが悪いです。
もちろん人によって科目の好みがあるので、相性がいいのを選択するのが本当は最適ですが、迷っているかたは他の科目を選択しましょう。
 
 
 
 
 

初心者向けの参考書には手を出すな

物理が苦手な人は入門向けの参考書に手を出しがちです。もちろん当然の考えではあるが効率的ではありません。なぜなら入門書をこなす時間がもったいないからである。
受験までの勉強期間は限りがあります。科目も物理だけでなく英単語、英語長文読解演習や社会の暗記科目をバランスよくこなしていかないといけません。
さらに、みなさんが志望する大学はその入門書のレベルだけでは合格水準に達することができません。それよりも下で紹介する参考書を解く時間に費やすべきです。
どうしても物理がわからない方は、勉強ができる友達か先生に聞くことをおすすめします。
 
 
 
 
 

参考書、問題集を買いすぎない

参考書は一冊こなすだけでも最低100時間はかかります。なので買うにはそれをこなす分の時間がしっかり確保できるか考えなければいけません。
そうでないと中途半端に終わります。
特に受験直前期になると今の問題集では足りないのではないかと思い、新しく購入したくなりますが、それは逆効果です。
今ある参考書をしっかりやりましょう。
 
 
 
 
 
次におすすめの問題集を紹介します。
 
 
では行きましょう! 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 おすすめ問題集

物理のエッセンス

物理は非常に高度で複雑で難しい印象がありますが、実際は簡潔で美しいです。
だから物理の公式は〇×〇=〇のようなすっきりとした形をしています。
物理で問われる能力は公式をいかに多く覚えるのかではなく、公式をどのような
状況でさらにどういう瞬間だけ適用できるのかという本質的な意味の理解が必要です。
なので物理の勉強でまずやるべきことは問題演習ではなく各分野の現象の理解です。
つまり教科書をしっかり読むことであり、「物理のエッセンス」は例題を含め物理現象を非常にわかりやすく説明しています。
 
Point!
・物理現象をわかりやすく説明
・本質に重点をおいた参考書
 
 
 
 
 
 
 
 
 

名問の森

学校で配布されているセミナー物理のような基本問題集では公式に数字を当てはめたり、式変形するだけのような問題が多く、なにを問われ、どのような解法を身に着けておくべきなのかがわかりにくいと感じました。
物理の本質的な意味を勉強するにはある程度の難易度の問題で、式だけでなく図を多用し、充実した解説が必要になります。
この名問の森は非常に多く、最適な問題集です。
 
Point!
・良問ぞろいで解説が充実
・独学に最適
 
 
 
 
 
 
 

難問題の系統とその解き方 

物理のエッセンス、名問の森で学んだ物理の本質的な理解、知識をしっかり使いこなせるかをこの問題集で試します。
インプットが名問の森でアウトプットがこの難問題の系統とその解き方です。
 ただ難しい問題集なので、難関大学を受験する方の中で時間に余裕がある人におすすめします。
また例題と演習問題がありますが例題のみで十分です。
 
Point!
・難関大学受験生向き
・例題のみで十分 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以上がおすすめ参考書になります。
 
 
 
 
要約すると
 
 
 
センター試験のみ必要な人
物理の選択はやめましょう 
 
 
二次試験で必要な方
物理のエッセンス→名問の森→過去問
 
 
難関大学二次受験で必要な方
物理のエッセンス→名問の森→難問題の系統とその解き方→過去問
 
 
物理は量より質を重視した良問を解くことが一番重要です。
 
 
これで終わります。
 
 
お疲れさまでしたー
 
 
 
 
こちらの記事もあわせてどうぞ