【1分書評】ヒモが”シンプルな勉強法(河野玄斗)”を読んでみた

スポンサーリンク

もう、勉強で迷わない。学習法の決定版!

 

この本から

 

努力は、正しい方向性と楽しむことで結果につながる(量は大前提)

 

ことを学びました!

 

 

 

 

 

理由・根拠

「できるループ」を回す

「できるループ」とは、勉強が”できる”楽しさによって勉強を加速させる仕組み

 

小さな目標でも「できる」= 成功体験を積み重ねることで、楽しく成長(^^♪

 

そのためには自分のレベルに合わせた勉強や、タイムアタックやスコアなど勉強をゲーム化し楽しいポイントを意図的につくろう!

 

 

  

 

 

ゴールまでの戦略は人に教えてもらう

自分で立てた目標だから、自分流のやり方で頑張る!と思いがち

結果につながるなら十分だけど、目標に対して間違った方向に努力している場合がある

 

すでにその道に熟知している人に教えてもらえば、何をすべきか一瞬でわかる

 

熟知している人の判断は自分が優秀、尊敬だと思う人が優秀だと指名した人がおすすめ

そうすることで質の高いフィルターがかけれると主張

 

 

 

 

 

学問に王道はない

著者は、全国でトップレベルの学力を持っているので、特別な勉強法があるのかと思いきや、そんなことはありませんでした(笑)

 

目標に対する結果は「努力の方向×かけた時間の量」で決定する

 

いかに当たり前だと感じる正しい方法で、勉強し続けることが大切

 

 

 

 

 

 

 

 

実践

無理のない目標設定を立て、小さな成功体験を積み重ねる

楽しみながら自分に自信をつける!

 

 

 

 

 

コメント

このブログはヒモになることを目標としているのに、書評ブログを書いている現実
努力の方向性が違いすぎwwww

 

 

 

 

 

こんな人におすすめ!
・東大医学部在学中に司法試験に合格した人の勉強に対する考えに興味ある方
・各科目の具体的な勉強法を知りたい方
・楽しく勉強したい方