【1分書評】ヒモが”ブランド人になれ!(田端信太郎)”を読んでみた

スポンサーリンク

ブランド人になれ!会社の奴隷解放宣言

 

この本から

 

予測不能なことにワクワクし、没頭することが重要

 

を学びました!

 

 

 

 

 

理由・根拠

ブランド人

自分が利害損得ではなく、偏愛まみれ、前のめりの姿勢で没頭する

 

すると、周りの人々も熱狂し、ブランド人(無限の価値、無限のブランドバリュー)になれる

 

 

  

 

 

個を際立たせる

昔は会社という閉じたコミュニティーでの人事評価が重要だった

 

しかし、インターネット、SNSが普及したことにより、社外において個人がインパクトと爪痕を残すことが重要に変化した

 

 

 

 

 

希少価値

「優秀な人」→「おもしろい人」に変化

 

AI時代では、能力は簡単にコモディティ化される

 

つまり、賢いよりおもしろい、正しいより楽しい、モチベーションが大切

人はどうなるかわからない、予測不能なことにワクワクする

 

 

 

 

 

 

 

 

実践

素直な気持ちで自分が没頭しているものを見つける!

 

 

 

 

 

コメント

主張がはっきりしているので読んでいて気持ちがよかった!
ただ尖っているので賛否両論ありそうです(笑)

 

 

 

 

 

こんな人におすすめ!
・ブランド人になりたい方
・仕事のあるべき姿について考えたい方
・熱い本を読みたい方