【1分書評】ヒモが”人生の勝算(前田裕二)”を読んでみた

スポンサーリンク

8歳で両親を失い、生きるための路上ライブで身につけた人生とビジネスの本質

 

この本から

 

絆を大切にし、逆境を原動力として努力することで人生の勝算は見えてくる

 

ことを学びました!

 

 

 

 

 

理由・根拠

自分が好きになる

人に好かれる天才以前に「人を好きになる天才」になろう!

 

人に好かれるための技術本はたくさんあるが、大切なのは後者である

 

他人と接して、その人のいいところや感謝できるポイントを自然に見つけて、まず自分から好きになる

  
優れた能力や才能だけでは人は応援しない

 

 

 

 

プライドを捨てろ

プライドはコミュニケーションの邪魔である

 

コミュニケーションの接点を増やす秘訣は、バカを演じること 

 

うええええええええええええええええええい('ω')ノ

 

 

 

 

 

「人生のコンパス」を持つことの大切さ

自分が何が好きなのか、何をしたいのか明確にすることで、モチベーションにつながり努力したくなる

 

自分の人生の方向を明確にするために、自分の内面を深く深く掘り下げていく
あとは熱量をもってがむしゃらに取り組む

 

人生の質を高めるのは選択と集中

 

 

 

 

 

 

 

 

実践

ブロガーとコミュニケーションをとる(笑)

 

 

 

 

 

コメント

ビジネスは人と人との繋がりでできていることをめっちゃ感じました
あと前田裕二さんの仕事に対する熱量が半端なかったです
こりゃ石原さとみも好きになるわ(笑)

 

 

 

 

 

こんな人におすすめ!
・仕事や勉強のモチベーションが上がらない方
・若手起業家の熱量を感じたい方
・絆の大切さを知りたい方